豊胸手術の特徴や種類|利用するときの特徴や仕組みなどをよく理解しよう

豊胸手術の特徴や種類

カウンセリング

手術の特徴を知ってクリニックを選ぶこと

豊胸手術はバストを自分が希望した通りのサイズにボリュームアップできる定番の美容整形です。生まれつきの貧乳はもちろんのこと、子育てや加齢などを経てたるんでしまったバストも、豊胸手術によって見違えるように改善します。豊胸手術と一口に言っても従来のシリコンや生理食塩水の挿入だけではなく、最新のタイプを含めると手術の種類はバラエティーに富んでいます。そしてそれぞれの手術でバストアップ効果の出方や持続性などが異なるので、その辺を考慮して自分にあった手術はどれなのか見極めることが大切です。そのために大事なのが、豊胸手術を行う美容外科クリニックの選択です。銀座には無数に美容外科クリニックがあり、取り扱っている豊胸手術の種類が異なります。事前にネットで見て、自分がやりたい豊胸手術を行っている美容外科クリニックを銀座で探す必要があります。なるべくなら豊胸手術を得意としているドクターが在籍しているクリニックが理想的です。経験値が高いドクターなら一人一人に適格なアドバイスができるし、手術をしたあとの仕上がり具合も違います。逆に経験が少ないドクターが手術をすると希望した通りの結果にならないリスクがあります。豊胸手術の症例数が多いクリニックはネットで掲載されているので、経験者の口コミを含めてじっくりとリサーチするのが賢明です。また、安心して通院するために、男性よりも女性のドクターのほうがいいという人もいるはずです。銀座には女医さんがいるクリニックが比較的多いので、その辺も心強いです。

豊胸手術の中でも一番大きくボリュームアップできるのがシリコンバッグを入れるシリコン挿入です。この手術を行うことにより、3サイズ以上バストアップすることが可能になります。わきの下の目立ちにくいところからシリコンをバストに入れる方法で、一回の手術でしっかりと効果が出ます。入っている限りは効果が持続しますが、安全のために定期的にシリコンを入れ替えてメンテナンスをするのが一般的です。最近は自分自身の脂肪をバストに入れる脂肪注入法も定着しつつあります。自分の脂肪を使うことで副作用や合併症などのリスクが減り、しかもごくナチュラルな仕上がりになるのが脂肪注入の魅力です。ただし大幅にバストアップしたい場合、脂肪が定着するまで何回か手術を繰り返して行う必要があります。銀座の一部美容外科なら純度が高い脂肪を使用するコンデンスリッチ法など、最新の脂肪注入を導入しています。新しい脂肪注入は脂肪の定着率が良く、比較的バストアップ効果も高いです。数ある豊胸手術の中で一番料金がお手頃でダウンタイムのリスクが少ないのが、ヒアルロン酸を入れるプチ豊胸です。注入剤であるヒアルロン酸を、注射器を使用してバストの下あたりから注入してボリュームやハリを出します。ヒアルロン酸は人体の組織となじみやすく、代謝によって自然に分解されてなくなります。完全に分解されるまでの期間は1年〜2年ほどで、その間はバストアップ効果が続きます。とにかく気軽にバストを大きくしたい時におすすめです。プチ豊胸は銀座の一部美容外科や美容皮膚科でも体験できます。

Copyright© 2019 利用するときの特徴や仕組みなどをよく理解しよう All Rights Reserved.